老後は、生●●護を受けて生活しようと目論む人達も多いらし – 貯蓄と年金

収入増えず増税へ
老後は、生●●護を受けて生活しようと目論む人達も多いらしいです。
(この100万円未満というのは、そういう人達だと思います)
それなので貯金なんて無いほうが都合が良いらしいです。
そして、念願叶って生●●護を受けると高確率で、
年金需給者以上の20万円前後の高額なお金がただで貰えるのです。
なんか真面目に老後の対策に取り組んでいるのが
馬鹿らしくなる話ですね。

還暦と言っても職業別で調査すれば大分違うと思う。
この場合は大企業から公務員、零細企業の個人事業主、農業などあらゆる分野を含めての人の25%が100万未満だろうから、こと大多数の庶民に絞れば最低でも50%以上の者が当てはまる様な気がします。
なので数年後はこれらの人がアルバイトも出来ない高齢に達した後の行きつく先は生●●護、それが5年後か、遅くとも
10年後には今以上に酷い日本と成ります。
怒ってやって下さい、仕事で有る10年後の日本の予測も出来ないク●自民を。



関連:還暦の貯蓄額 4人に1人が百万円未満 2千万円に遠く届かず